古い家柄ほど相続手続きに苦労します

母方の祖父が亡くなった時、母と一緒に相続手続きを行いました。

私の実家は、江戸時代から続く商家が出自となっており、大阪付近で医院開業は所有する土地があちこちに点在していたため、全容の把握と、名義の確認に手間取りました。特に土地に関しては、長年登記簿を確認していなかったため、蓋をあけると、名義が、亡くなった祖父のさらに先代(当然もう亡くなって久しい方)のままになっていたりして、手続きが難航しました。

また、祖父は個人的に株取引を行っており、家族の誰も、取引内容や保有株の情報を把握していませんでした。そのため、証券会社と役所を何度も往復し、必要書類を揃え、名義変更の手続きをし、株の売却を進めました。

幸い、良い税理士さんに恵まれたため、自分たちが動く手間は多くありませんでしたが、すべての手続きが完了するのに3ヶ月ほどを要しました。古い家系であればあるほど、相続時に、隠れた問題が発見されがちなのだということを身をもって体験しました。

童話|医療ナビ|お家の見直ししま専科|工務店向け集客ノウハウ|病院の教科書|病院ナビ|JALカード|マッサージのリアル口コミ.com|病院ラボ|生命保険の選び方|クリニックの教科書|内職 アルバイト|クリニックラボ|生命保険の口コミ.COM|オーディオ|クリニックナビ|病院ネット|女性向けエステ.com|健康マニアによる無病ライフ|医療ラボ|クレジットカードの即日発行じゃけん|健康ナビ|クリニック集客ノウハウ