月別アーカイブ: 2018年1月

思いもよらなかった母からの遺産

昨年離れて暮らす母親ががんのため亡くなりました。いきなりのことだったので母が何の資産を、京都のウインドローズ税理士法人でならばどのくらい持っているかなど詳しくは知らなかったのですが、どうやら私に資産をそれもかなりの額を残してくれていました。生前よく母には迷惑ばかりかけ、その度にあんたには1円たりとも遺産は残さないと常々言われていましたので正直遺産には全く期待していませんでした。それだけに自分のためにしかも多額の資産を授けてもらったことを知ったときはとても驚いたのと同時に母への感謝ともう少し何かできることはなかったかという後悔の気持ちとが両方湧いてきたのが正直なところです。母は生前お金の管理には厳しく、無駄遣いなんかはほとんどしない倹約家でした。そういうストイックな面もあってこれだけの資産が溜まっていたのだと思います。もし自分に子供ができて母のような状況になったならば、同じように子供に自分の資産を分け与えるのは間違いありません。それは今回の母からの資産を受け取ってからより強く感じるようになりました。