月別アーカイブ: 2018年2月

親の資産を把握するポイントの一つは「預金口座」

親の資産を把握するポイントの一つとして、「預金口座」が挙げられます。
相続が生じるほどの資産を持っている親というのは、いくつもの口座を作っていることが多々あります。
しかし、親が亡くなった場合、調査するのは困難を極めます。
なぜかというと、不動産相続でのお悩みならば神戸の銀行を含めた金融機関では、亡くなった人の口座は、相続に関する手続きが済むまで、解約できないようになっているからです。
これは、一部の相続人が抜け駆けしてお金を下ろしたりすることができないようにするための措置ですが、口座のお金が下ろせないことで、葬儀代を捻出できなかったというケースもあります。
また、遺言書がない場合は、すべての相続人が話し合って相続内容を決めることで解約できますが、そのためには「被相続人および全相続人の戸籍謄本」「全相続人の印鑑証明書」などが必要になるので、かなり大変な作業です。
このようにならないためには、「いくつの口座があり、どのくらいのお金が入っているのか」ということを把握しておく必要があります。