親からの遺産の家に住むときには手間がかかる

私が相続した親の家は広い家だったので独身の私が住み続けるには広すぎました。そのため、広い家を欲しがっている人に売ってお金に替えようと思っていたのですが、親族から反対されてしまいました。大阪で相続手続きはやはり親がずっと暮らしていた家を売ると、親族が集まる機会が減るリスクがあるので売却するよりも所有することにしました。広い田舎の家を一人で管理するのは大変だったので親族にも掃除に来てもらうことにしました。今は独身なので広すぎると感じてしまいますが、結婚して子供が多くなったときに生活することを考えるとちょうどいい広さだと思うようになりました。親は庭でいろいろな野菜を作っていたのですが、枯らすのはもったいないと感じたので、私も親が育てていた野菜を作ることにしました。実際に広い家を相続してみて思ったのですが、マンションに住んでいた一人暮らしの人が家を相続するときには、今まで必要なかったことをいろいろしなくてはいけなくなるので大変です。