親の資産の土地のメリットと注意点について

親の資産の1つに不動産の土地があります。建親が所有している土地を使えれば、大阪の不動産相続でのお悩みならば新たに土地を買うより負担は少なくて済むメリットがあります。不動産を有効に活用する事で、土地を所有する親にとっても安心と言えます。親の土地に家を建てる場合には、相続税や贈与税など税金の注意点があるので理解する必要があります。親の土地に家を建てる時には、基本的に地代を支払わずに土地を無償で使う事になり、使用貸借呼んでいます。個人間の使用貸借は、借地権に価値はないので、贈与税の課税対象とはならない事を理解すると良いです。あまり多くはないですが、親に対して地代を支払うこともあります。別に権利金にあたる部分が贈与されたとみなされて贈与税の課税対象になるので覚えておくと良いです。親との話し合いをして資産を有効的に利用する事が大切になりますが、合わせて、将来の小規模宅地等の特例の適用についても考えておくべき事と言えます。親の資産としての土地は、注意点がいくつかありますが、有効的な資産と言えます。