父が亡くなり遺産相続を巡る兄弟トラブル

父が亡くなり家と土地を兄弟二人で受け継ぐことになりました。母は、早くに亡くなっていましたので相続は兄弟二人になります。私は亡くなった父と同居をしており家庭も持っています。できればこの家に住み続けたいと考えていました。弟も家庭を持っています。そこで私は、弟の相続分を「代償分割」することを考えました。
しかし、大阪のウインドローズ税理士法人でならば相続分を弟に支払う場合に問題になったのが、この家の価値です。弟にしてみれば評価は高いに越したことはありません。支払う側の私は、評価価格が低い方がいいのです。私にも弟にも家庭があり、双方の妻や知人の意見も加わってきます。仲が良かった私達兄弟に取って、思わぬトラブルに発展していきました。
結局、家も大分古くなっていましたので、家と土地を処分し兄弟で分割することにしました。この家は、両親が一生懸命守ってきた財産であり私達兄弟に取っても思い出深い愛着のある家です。処分という結果を出すまでには、かなりの時間が掛かりました。「遺産相続で兄弟トラブル」とよく世間で耳にしますが、私に取っても他人事ではありませんでした。